狭小土地の活用にコインランドリーの経営

所有の土地を有効に活用したいが狭小すぎるのが悩みという方にはコインランドリーの経営も検討に値します。

特にその土地が集合住宅地にあるならぜひ考えてみましょう。

今時洗濯機がない家なんて、というのは早合点です。


今も洗濯機無しの一人暮らしは数多いのです。



旅行先で、あるいは友人知人宅に滞在中の利用などの需要も見逃せません。
また洗濯機が自宅にあってもコインランドリーに行きたいと思う場面は様々にあります。



毛布や羽毛布団などの自宅の洗濯機には入らないという大物はクリーニングに出すと割高に感じるような価格になりますし、これが数枚あると出来るだけ自分で洗濯して節約したいとは特別節約志向の主婦でなくとも誰もが思うものです。

寝具やコートなども今では自分で洗濯できる商品が多いこともあります。
自分で洗濯して節約したいという消費者側の志向に売り手側が合わせているのです。

乾燥機だけでも利用してスッキリ乾かしたい、間取りが狭い場合は部屋に洗濯物を干したくないということもあります。



シーツ等はまとめて一気に洗濯してしまいたいなど、梅雨時になればなおさらこのような利用欲求は高まります。

夏には洗濯物も増えますし、洗濯物を干すスペースに限りがあって不足しているという集合住宅も多く悩まされている住人も多いのです。


もちろん経営となるとリスクについても考えなくてはなりません。機械が故障する、悪質なイタズラの被害に遭うなどのトラブルがある可能性はあります。

それでもなお毎日の収入を見込めるコインランドリーの経営は検討してみる価値があります。

Copyright (C) 2016 狭小土地の活用にコインランドリーの経営 All Rights Reserved.