サラリーマンの私がコインランドリーを選んだ理由

父親が経営していた20坪ほどの駐車場があったのですが、父が死去したために私が引き継ぐことになりました。

その駐車場は、交通量の多い通りに面しているのにもかかわらず、面積が狭いために十分な収益をあげることができなかったので、駐車場以外の用途で使うことができないかと思い、いろいろと調べてみた結果、コインランドリーをやってみることにしました。

コインランドリーを選んだ理由は、建物の建設や洗濯機等の設備の購入に初期投資が必要ではありますが、その後のランニングコストがそれほどかからないので、万が一経営が上手く行かなくても赤字で苦しむことがないためです。



私と同じように空いている土地を持っていて、そこでフランチャイズのラーメン店を始めた友人がいるのですが、その友人は見事に事業に失敗して借金を作ってしまいました。その姿を見ているため、私はできるだけリスクが少ない事業を選ぼうと考えたのですが、それで正解でした。


市場調査を頼んだ業者から、20代から30代の単身者が周辺に多く住んでいるため、毎月安定した利用者が見込めると報告があった通り、大もうけとは言えませんが毎月そこそこもうかっています。



予定では1年で初期投資を回収する予定でしたが、営業を開始して8ヶ月ほどで初期投資を全額回収することができました。

1日に1回は見回りのために訪れる必要はありますが、手間のかかる仕事はほとんどありません。
お客の忘れ物を回収したり、簡単な掃除をしたりするだけなので、本当に楽です。
私はサラリーマンが本業なので助かっています。




Copyright (C) 2016 サラリーマンの私がコインランドリーを選んだ理由 All Rights Reserved.